Introducing 水曜日のカンパネラ!!

今日のブログで最近好きになってきた音楽について話したいと思います。

皆さんは「水曜日のカンパネラ」を聞いたことがありますか?

水曜日のカンパネラは3人組のエレクトロニカ・ヒップホップ・JPOPの音楽ユニットです。メンバーは、Dir.F(PV監督)、ケンモチ・ヒデフミ(音楽プロデューサー)、とコムアイ(ボーカリスト)ですが、音楽ユニットの活動でコムアイ以外は誰も顔を見せない程の秘密主義です。その結果、ファンはもっと芸術性に集中できるようになる上に、面白い音楽とビジュアルの融合が作られることになります。

今月、水曜日のカンパネラはデビューアルバムをリリースしました。「SUPERMAN」と言われるアルバムはWarner Music Japanで配信されていて、オリコンやiTunesで一般に知られるほど成功しましたが、実は、水曜日のカンパネラは2012年に結成しました。結成時から、YouTubeで音楽をアップしたり色々な音楽祭に出演したりしていました。Warner Music Japanと契約する前、インディー音楽世界の中では既に有名でした。「SUPERMAN」はメジャーレーベルデビューですが、数々のインディーのリリースもありますので、皆さんYouTubeで是非検索してみてください!

水曜日のカンパネラの曲はたくさんのジャンルのミックスです。コムアイの甘いボーカルを基礎として、曲はハウス音楽のシンセサイザーとヒッポホップのリズムにより構成されているのです。ボーカルと音楽を勉強したことのないコムアイのフワフワとした声で、JPOPアイドルだけでなく米国のRnB歌手のマイケル・ジャクソンとドナ・サマーの影響も感じ聴くことができます。水曜日のカンパネラの曲で折衷的な影響のミックスがされているにも関わらず、バンドのイメージと音はいつも一致していると思います。

曲名の殆どには有名な歴史上の人物や架空の人物が名付けられています。詞は、初見ではちょっと論理的じゃなさそうですが、聴けば聴くほどディープな意味が分かるようになってきます!

下記は水曜日のカンパネラのオススメ曲です。時間がありましたら、是非聴いてください!水曜日のカンパネラのエレクトロニカ空想で楽しんでください!

Nanashi no Gombe (2012年)

Mitsuko (2014年)

Medusa (2015年)

Diablo (2015年)

Chupacabra (2016年)

Kamehameha the Great (2017年)

Aladdin (2017年)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s