クリスハートの日本国籍取得と入国手続きの修正

先日、友達から面白いニュースが送られてきました。

四日前、有名な日本で活躍しているアメリカ人の歌手クリスハートさんが日本国籍を取得しました。クリスハートさんは明らかに日本との深い関係を感じていますので、日本国籍取得の大変な手続きを効果的に完了できたことを祝いたいと思います。

ただ、この出来事は「クリスハート」の件に限らないと思い、日本の音楽業界や全般的な社会に対する影響も観察するべきでしょう。

クリスハートは「のどじまんTHEワールド」と名付けられたNHKで中継されている音楽番組で有名になってきました。その番組で、様々な外国人が日本語の歌を演じ、フィードバックをもらう番組です。「のどじまんTHEワールド」では多くの場合、日本に興味・情熱を持っている外国人として演出されますが、クリスハートさんの場合は、大衆に「日本人」みたいな人で見られてきました。

例えば、数年前クリスハートに関する英語のドキュメンタリーを見て、日本人の観客者は「ああ、クリスハートさんの方が、日本人より、日本人っぽいな!」と言いました(下記のビデオの11分25秒点)

つまり、クリスハートは「外国人」としてキャリアを始めたにも関わらず、今では、「日本人」として日本の多くの人から認められています。そこで、大勢のファンや日本人から、クリスハートさんの日本国籍が喜ばれました。ですが、現在の日本の少子高齢化に関わる議論には、クリスハートの国籍取得についてのコメントや世論は面白いと思います。Yahoo記事に4月7日にコメントしたユーザーの一人は「あなたならウェルカムです」と書きました。

「あなたなら」とは、条件のことになりますね。他の言葉で、クリスハートはキャリアで「日本語ができるし、日本人のように歌えるし」ということを証明していました。ですが、クリスハートさんがもし歌えなければ、有名人じゃなければ、どう「日本に住みたい」というきもちを証明できたのでしょうか。

クリスハートさんの国籍取得は日本の社会的に重大な瞬間に起こりました。日本政府や安倍首相が入国手続きを修正してみていると同時に、クリスハートさんのケースを考えるのが大事だと思います。

「日本人になるというより“この国のために頑張る”という約束や命をかけた感謝を形にする」と説明した(1)のですが、実は日本のパスポートを持ったら、日本人と呼ばれるでしょうね。一つだけのお願いとして、クリスハートさんは「日本人である」という身分をもう少し広めることについて話して欲しいです。結局、社会には文化や国籍はいつも変わっているものだと思います!

(1) Yahoo News- クリス・ハートが日本国籍を取得

 

下記は私のオススメのクリスハートによる曲のリストです:

「ラブ・ストーリーは突然に」

 

「いのちの理由」

 

「道」

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s